分野切換
全分野 アニメゲーム(ゲーム機)漫画(雑誌)文学ドラマ特撮/人形劇日本映画海外映画
並順
評価新着順開始日順 ランキング[全期間/2014年/2013年/2012年以前] 平均点順 属性順 書込数順 閲覧数
50音順

DBトップ > 作品 > 漫画 > 画像/壁紙 >

モンキーターン:画像/壁紙[漫画]


[他形式: 携帯版]
漫画総合点ランク=平均点x評価数206位/6,634作品中 (総合47.10) 205位 <= =>207位
漫画平均点ランク(評価10個以上作品対象)280位/1,177作品中 (平均1.57(とても良い)) 279位 <= =>281位
1996年漫画総合点ランク5位/156作品中 4位 <= =>6位
直近発売の本/漫画: 2013/03/15 ():モンキーターン 17 (小学館文庫 かD 33)782円

画像集メニュー
▼API▼Yahoo▼Bing

別のキーワードで検索する

1. API

画像の上にカーソルを合わせると画像が拡大されます。自動的に取得している為、誤差がありえます。
クリックするとその商品のページに飛びます。

モンキーターン(30) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(29) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (29) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(28) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(27) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(15) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(14) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(13) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(22) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(12) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(11) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(10) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(2) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(21) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(9) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(8) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (22) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(7) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(6) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (30) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(26) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(16) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(25) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(20) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(24) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(23) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(19) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 14 (小学館文庫 かD 30) モンキーターン 13 (小学館文庫 かD 29) モンキーターン (28) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (26) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 11 (小学館文庫 かD 27) モンキーターン (24) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(3) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(18) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (27) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(17) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (25) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (21) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (23) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 17 (小学館文庫 かD 33) モンキーターン (20) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (19) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(4) (少年サンデーコミックス) モンキーターン(5) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 15 (小学館文庫 かD 31) モンキーターン 16 (小学館文庫 かD 32) モンキーターン 12 (小学館文庫 かD 28) モンキーターン 4 (小学館文庫 かD 20) モンキーターン 10 (小学館文庫 かD 26) モンキーターン 1 (小学館文庫 かD 17) モンキーターン 3 (小学館文庫 かD 19) モンキーターン 9 (小学館文庫 かD 25) モンキーターン 2 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 8 (小学館文庫 かD 24) モンキーターン 2 (小学館文庫 かD 18) モンキーターン 5 (小学館文庫 かD 21) モンキーターン 6 (小学館文庫 かD 22) モンキーターン 13 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 15 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 7 (小学館文庫 かD 23) モンキーターン 14 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 12 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 9 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 11 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 8 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 18 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 7 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 4 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 17 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 16 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 10 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 6 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 3 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン (18) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 5 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン 1 (少年サンデーコミックススペシャル) モンキーターン (14) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (15) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (15) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (17) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (10) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (10) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (16) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (5) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (5) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (13) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (13) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (7) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (7) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (6) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (6) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (12) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (12) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (11) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (11) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (1) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (1) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (8) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (8) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (9) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (9) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (2) (少年サンデーコミックス) モンキーターン (2) (少年サンデーコミックス) モンキーターン 12 (My First WIDE) モンキーターンV 第8節 [DVD] モンキーターンV 第7節 [DVD] モンキーターンV 第6節 [DVD] モンキーターンV 第4節 [DVD] モンキーターンV 第5節 [DVD] モンキーターン 第4節 [DVD] モンキーターンV 第1節 [DVD] モンキーターンV 第2節 [DVD] モンキーターンV 第3節 [DVD] モンキーターン 第5節 [DVD] モンキーターン 第2節 [DVD] モンキーターン 第3節 [DVD] モンキーターン 第1節 [DVD] モンキーターン 第8節 [DVD] モンキーターン 第7節 [DVD] モンキーターン 第6節 [DVD]


2. yahoo


3. bing


別のキーワードで検索する

最新作品評価

2014/06/18 とても良い(+2 pnt) by ねぎ麻雀
作者の前作「帯をギュッとね!」はスポーツコメディとして最高峰ともいえる傑作だ。その後の作品という意味で、どうしても比べてしまうのは仕方あるまい。本作はスポーツ漫画ではあるが、帯ギュの焼き直しではない。帯ギュでは描き切れなかったことを描こうとした作品だ。それは「ラブ要素」。保奈美とは最初から付き合っていたし、その後は安定進行で何一つ波乱が無かった。唯一人ヒロインを凌駕した存在であった桜子は、作中ではそんな気配を見せずに終わる。エピローグで杉の背中でつぶやいた一言は、桜子の言葉というよりはラブアフェアを描ききれなかった作者の悔恨の一言だったのではないか。

そんな背景(推定)で生まれた本作は、最初から迷走する。隣同士で幼馴染の澄でまたしても安定進行かと思えばストラトスで登場する萩原、同期小林、実力者クッピーと、登場までは妙に目立つがその後はフェードアウトの繰り返し。ヒロインを決めきれないかのような描写は女性に目が無いのは主人公だけでなく作者も同様であるからだろうか。

そんな中、憲二に寝室に(間違えて)潜入されたことを皮切りに、プロになってからの関わり、他の男からのアプローチ、想いに悩む姿、告白、そして女性キャラ唯一の入浴シーン(サウナ除く)など、青島優子はこの作品のヒロインである条件を完璧に備えていた。一度は想いが受け入れられ、たった一度のデートにその日だけのスカート姿。このシーンに胸が熱くなった読者も多いのではないか。しかし、物語ラストで選ばれる女性は彼女ではなかった。

澄はカンケリで「つかまえに来て」と約束する。王道ヒロインそのものであった。しかし、その後は一気に存在感が無くなり、作画的にも(もともと描き分けが微妙な作者ではあるが)憲二の姉・妹あたりと区別がつかないような状態になっていく(このあたりも「顔が黒い」ことで存在感を主張できる優子が有利)。実際、「ありさちゃん」が傍にいないと澄であることに気づかないことも。

それでも、「幼馴染」の設定を覆すことは作者にはできなかった。ラブアフェアを完璧に描きながら、当初から存在させてしまった彼女を捨てることができなかった。「帯ギュ」で描けなかったことは描くことができたが、「スポーツラブコメ」には持って行けなかった。

次こそは、また違う何かを見せてくれる。そう期待できる作品であるが、それは「熱血バカ」でも「純愛ヒロイン」でもない何か、なのだ。「とめはね」を読みながらそんなことを考える。

評価は「帯ギュ」には及ばないという意味で「とても良い」まで。
もっと読む

「競艇という競技を噛み砕いてマンガという媒体でココまで表現できる作者さんの力量には感服いたします 初心...」 by かぷ


もっと評価を読む



DBトップ > 作品 > 漫画 > 画像/壁紙 > モンキーターン:画像/壁紙[漫画]

昨日よく利用された作品画像集ランキング
1 はじめ人間ギャートルズ(アニメ)
2 東京喰種 トーキョーグール(漫画)
3 まことちゃん(アニメ)
4 烈車戦隊トッキュウジャー(特撮/人形劇)
5 GTO(漫画)
6 アナと雪の女王(アニメ)
7 がきデカ(漫画)
8 銀魂(アニメ)
9 FAIRY TAIL(フェアリーテイル)(漫画)
10 NARUTO-ナルト-(アニメ)
もっと見る
    昨日よく利用された情報DB画像集ランキング
1LiSA
2MAN WITH A MISSION
3矢沢永吉
4SEKAI NO OWARI
5ヨシノサツキ
6新日本プロレス
7広島東洋カープ
8三代目J Soul Brothers
9盛本真理子
10back number
もっと見る
    
分野切換
全分野 アニメゲーム(ゲーム機)漫画(雑誌)文学ドラマ特撮/人形劇日本映画海外映画
並順
評価新着順開始日順 ランキング[全期間/2014年/2013年/2012年以前] 平均点順 属性順 書込数順 閲覧数
50音順